FC2ブログ

地獄少女 宵伽 第六話 あやおり 決断感想

  • 2017/08/26(土) 00:31:31

jigoku3.jpg
あなたならどうする。

jigoku4.jpg
堕天は重罪。

犯罪者の尻尾を掴んだ。
後は警察に引き渡して終わりか?
裁きは司法に任せて解決か?
それじゃ気が晴れないよな。
だから恨みを晴らすんだよな。
こういう事件を聞きつけては死刑死刑と無責任に騒ぎ立てる、
無関係なのに自分勝手な判決を下して悦に入る、
そんな巷に溢れる無記名の声に当てつけたような、
当事者の心情と復讐の正当性を改めて考える最終章。
果たして同じ立場なら、迷わずその糸を解くだろうか。
憎しみを保身が邪魔しないだろうか。
望んで地獄に落ちられるだろうか。
書きながら悩んで、悩みながら書いて、気づけば午前0時を過ぎていた。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女 宵伽 第6話

食品会社の食堂に勤める藍原唯はには、付き合っている恋人・哲哉がいました。 哲哉からプロポーズされた唯には、素直に喜べない事情がありました。 それは5年前、中華料理店を営んでいた父親が出前途中で、酔っぱらいに絡まれて、意識不明の重体に陥って入院生活が続いていたからでした。 自首した犯人の裁判を見ていた時に、気になることをつぶやいて去った胸にタトゥーがある男性をずっと捜し続けて...

  • From: ぷち丸くんの日常日記 |
  • 2017/08/26(土) 15:26:04

地獄少女 宵伽  BS11(8/18)#06

第6話 あやおり ミチルの怨念が村を焼き払った。罪を犯したミチルは地獄少女となって償わないといけない。それは嫌と逃走する。 小暮製菓の食堂で働く斎藤唯は吉岡哲哉と交際していた。地獄通信に連絡しようとして躊躇っている。哲哉から結婚しようとプロポーズされて父親を紹介する。寝たきりの父親、顔は覚えていないのね。彼女の実家は中華料理あいはら。本名は藍原唯だった。父親は出前の途中で酔っぱらいに絡まれて...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/08/26(土) 07:56:26

地獄少女宵伽第6話

「天国?」「そうか、あいには分らないね」 何このミチルちゃんの上から目線wあいち

  • From: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 |
  • 2017/08/26(土) 04:00:57

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する