FC2ブログ

戦姫絶唱シンフォギアAXZ EPISODE 10 アン・ティキ・ティラ 勧誘感想

  • 2017/09/10(日) 11:00:47

20170910095519.jpg
いいよ、来いよ。

20170910095544.jpg
赤くなってんぜ?
20170910095418.jpg
安らかに眠れ。

へー団地だけ助かるんや。
ちゃんりなメガネは交通事故に見せかけて始末されたのにな。
そっちに関しては納得できんけど、
シンフォギアイズムてんこ盛りの説得フェイズには感じ入った。
その手に何を持たないからこそ、他人と手を取り合える…
ガングニールの適合者がビッキーでよかったと心から思えるその信念。
能天気娘でもいざとなれば、見知らぬ誰かの盾になれる…
無理な適合と無茶の血涙こそ胸を打つその絶唱。
いつだってそうしてきた、命懸けで語りかけた、それが本気の証だから。
届けと願い、伝わると信じ、互いに響き合えば、そこに新たな歌が生まれる。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦姫絶唱シンフォギアAXZ BS11(9/09)#10

EPISODE 10 アン・ティキ・ティラ 夏休みの宿題がようやく終わった響。 9が13日は響の誕生日、クリスが覚えていた。 2日後にパーティやるです。 調神社の古文書の解析で地上の鼓星の周辺で神の力を得るための  儀式が行われそう。 神の力に対抗するには神殺しの力と言われる伝承がドイツにあった。 しかし史料が保管されていた風鳴機関はアダムによって破壊された。 響のガングニールには同じドイツ...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/09/10(日) 21:32:20

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する