FC2ブログ

このはな綺譚 第六話 此花亭怪談 思慮感想

  • 2017/11/10(金) 07:14:41

20171110063019.jpg
真夏の夜の…

闇に乗じてレズ行為に及ぶなどと、
それはもう悪霊なんかではなく精霊と呼称すべきではないかと。
黄泉送りにするのが名残惜しいほどの逸材でありましたよ、
まんまと騙された方々は束の間でも極楽を味わったわけでな。
おのれ心温まる回想さえ聞かねば成仏せずに済んだものを、
せめて沼倉との脱ぎ対決だけは見届けたかった。
でも本当にいい話でうっかり感動してしまった、
誰にも愛されないのは誰も愛さなかったから、
それを教えてくれる誰かに出逢えなかったから。
思い込まず、思い詰めず、人の心に思いを馳せる想像力さえあれば、
彼女も違う人生を歩んでいたのかもしれぬなぁ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このはな綺譚 第6話 「此花亭怪談」 感想

れずれずじゃのー

  • From: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 |
  • 2017/11/10(金) 20:49:07

このはな綺譚第6話

「おまえが送った彼女、あれがお化け、悪霊」「それ、三途の川よ」柚ちゃん気づいてな

  • From: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 |
  • 2017/11/10(金) 18:36:11

アニメまとめてプチ感想(このはな綺譚・URAHARA・アニメガタリズ)

このはな綺譚 第6話 設定が設定なだけに、見えないお友だちもやってくる此花亭。 分け隔てなく真心で接する柚ちゃんですが。 ”悪い”方のユーレイを見抜けるようになったほうがいいですね。 危うく三途の川を渡るところでした^^; おばけ苦手な皐ちゃん可愛かった(^^) ホラーテイスト回の一服の清涼剤が柚ちゃんのこれまで。 雪の中に豪快に埋まってたのねヽ(;´ω`)ノ 見つけて保...

  • From: のらりんすけっち |
  • 2017/11/10(金) 14:14:44

このはな綺譚 TokyoMX(11/08)#06

第6話 此花亭怪談 雪の中で凍った狐を発見した八百比丘尼。 連れ帰って育て柚と命名する。 柚は奉公に出されると思って頑張りすぎて失敗する。 桜は綺麗で人の心を癒やす。 でも桜は人間のために咲いているのではない、自身の生存に必死なだけ。 クチの悪い人も真意を知らずに悪口を言うものではない。 柚も大きく成長した、旅人が此花亭に泊まったことを話す。 そこには柚と同じ年くらいの中居も多いらしい。 柚...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/11/10(金) 09:58:46

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する