FC2ブログ

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第6話 ダーリン・イン・ザ・フランクス 随伴感想

  • 2018/02/18(日) 12:57:35

20180218120228.jpg
三度目の正直。

20180218120200.jpg
下着は白。

一人で果てるとは情けない。
女を独りにするでない。
やりたいことも言いたいこともまあ分かるんだが、
どうしてこんなにいまいち燃えないのか。
ロボットアニメやボーイミーツガールの定番シチュを淡々と、
作業的にこなしてるだけの印象がどうも拭えんのよな。
性欲が封印されてる世界観のせいなのか、
どの男キャラにも魅力が感じられなかったり共感できなかったり、
そこが物語への没入を妨げてる一番の理由かもしれん。
戸松のおっぱい揉みたい、戸松と一発やりたい、
男が戦う理由なんてそれしかないのにな。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダーリン・イン・ザ・フランキス BS11(2/17)#06

第6話 ダーリン・イン・ザ・フランクス 大量の叫竜が接近、150を超えている。小さいのがコンラッド級、巨大なのは初めて見るタイプ。不利を覚悟の出動、015の背中を押してヒロに言いたいことを言わせる056。でも言えずに絶対成功させような、リーダーを頼りにしているから。私はヒロのことを兄弟みたいに思っているから。俺もだと02に歩み寄るヒロ。 フォースゲートオープン。巨大叫竜を...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2018/02/19(月) 11:43:20

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する