FC2ブログ

恋は雨上がりのように 第11話 叢雨 岐路感想

  • 2018/03/23(金) 06:57:41

20180323060316.jpg
あの頃みたいに。

レズ特有の粘り腰、ホモ特有の腐れ縁。
どっちもいい友達だよ、ずっと気にかけてくれとってさ。
まあ疎遠になるのが寂しいって感情もあるのか、
走るのも書くのも個人競技なんだけど、
だからこそ共に競い合った日々が忘れられないんだろうな。
陸上も文学も道が途絶えたわけじゃない、
個人的な挫折を理由に自ら進むのを止めただけ、
その気になりさえすれば再び目指すことはいつだって可能…
恋や仕事にかまけて、目を背けて、本当に今のままでいいのか。
最初から結ばれる関係でも結ばれる物語でもないと思ってるし、
何度も言うようだが成就だけが幸せでもない、
お互い別のゴールに向かうのも素敵な結末だよ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋は雨上がりのように 第11話 『叢雨(そうう)』 来ちゃった♥...九条ちひろが。

いちいちヒロインっぽく振る舞うのやめてくれ。 ヒロインはこっちだから! 南校の倉田?あきらのライバルかな。そう思ったらアキレス腱断裂からの復活した人だそうで。ならばあきらも復帰できるのではと陸上部で期待が高まる。気持は分かるけれど周囲が勝手に決めていいことじゃない。まあ代わりに恋をしているじゃ色ボケしたように見えちゃうんですが。しかも相手がおっさん…増々持って見栄えは良くない。...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2018/03/23(金) 23:52:05

恋は雨上がりのように 第11話 『叢雨』

橘あきらに陸上部に復帰しても会いたいと思っている 喜屋武はるか。しかし、橘あきらはアルバイトや恋に夢中。 同じ体験をした板からと言って、感じ方は人それぞれ。 だから、橘あきらが陸上部に復帰しなくても それは、橘あきらの選んだ道。 京急、能見台駅付近で橘あきらを見かけた 喜屋武はるかは声を掛けるが、橘あきらに 声は届かず。 追...

  • From: 奥深くの密林 |
  • 2018/03/23(金) 21:38:58

恋は雨上がりのように フジ(3/22)#11

第11話 叢雨 他校の生徒が自己ベストを出したと雑誌で特集されている。彼女、倉田はあきらと同じアキレス腱断裂から復帰した。あきらの大会記録を塗り替えそう。はるかは、あきらの復帰を願っていた。 バイト先にはるかが訪れてあきらに告げる。同じ怪我から復帰した少女がいる、一緒に走りたい。忘れ物を取りに戻った店長が二人の会話を聞いてしまう。 九条ちひろ原作「波の窓辺」映画...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2018/03/23(金) 18:43:30

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する