FC2ブログ

刀使ノ巫女 第12話 ひとつの太刀 倒幕感想

  • 2018/03/24(土) 20:00:10

20180324111451.jpg
何が残った。

20180324111556.jpg
神妙にお縄を頂戴しろ。

怖がりがいるせいで、穢れと忌み嫌われる。
もはや答えを言っちゃってるよな、荒魂とは何なのか。
制御下に置いて事故激減、事実を隠蔽して情報統制、
ここ七年ほどの日本まんまやないかい。
二天一流おばさんも仲間の命を守るべく示談の条件に応じて身を捧げた、
国を思えばこそ国を謀る計画に乗っかった、
世の中を安定させるためにつく嘘はそれでも糾弾されるべきなのか、
混乱と恐怖しか生まない真実がそんなに価値あるものなのか。
まったく正邪の激突に見えなかった最終決戦、
現体制を討ち果たした後の責任取れんのかこいつら?

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

刀使ノ巫女 TokyoMX(3/23)#12

第12話 ひとつの大刀 折神紫と対峙する可奈美と姫和、戦いが始まる。二天一流の紫は二人の攻撃を捌ききる強さ。 薫が目覚める、大荒魂の所在を感知する。肉体はボロボロだがエレンと共に手伝えるかは不明だが向かう。皐月夜見の攻撃に苦しむ沙耶香と舞衣。しかし舞衣が彼女を打ち倒す。 沙耶香は高津学長を見ると痛いと感じる。あなたが可愛そうだから、可奈美の下に向かう。&nbsp...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2018/03/25(日) 02:14:52

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する