FC2ブログ

ひそねとまそたん 第6話 君の名前を叫ぶから 読解感想

  • 2018/05/23(水) 07:25:53

20180523062923.jpg
胸襟を開いて。

落ちたな(確信)
いや、飛んだけどな。
仕事で成功したくて意地張ってただけか、
彼氏の方は彼女の理想たるべくDVに耐えてたのか、
愛の形は人によりけりだが倒錯してんな…。
行動や言動から本心が相手や周りに上手く届かない、
互いに伝達力が足りてなかった不器用カップル、
ならば読み取れるように通訳したったらええんちゃうと、
同僚のお節介が恋の架け橋となるような話の構図が微笑ましい。
同時に女性間の距離も縮まって、成果は上々の有意義な訓練となったが、
上層部の狙いは本当に一体何なのか…繁殖とか?

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひそねとまそたん BSフジ(5/17)#06

第6話 君の名前を叫ぶから星野は一人で筏を作っていた。5日目にして初の魚をゲットした3人、残りは2日。F2は今もフォックストロット状態を維持していた。あれでは暑くて放熱が必要。慌てて心配するが冷えている、まるで健気に耐える健さんです。ジミー、モーリスのTACネーム呼びに挑戦したひそね。だが絹番には拒否、リリコスとお呼びください。モーリスも日登美と呼ぶことにする。 飯干事務次官は毎日...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2018/05/23(水) 08:31:00

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する