FC2ブログ

今日見たアニメ二言三言感想 2018/9/2

  • 2018/09/02(日) 21:00:10

おしながき

・PERSONA5 the Animation #22 Is it our fault…?
・はたらく細胞 第9話 胸腺細胞
・重神機パンドーラ Mission 22 閉ざされた山

・PERSONA5 the Animation #22

20180902181301.jpg

世論に揺らぐ己の正義。
動かそうと思うな、惑わされるな、ネットの民度なんてそんなもん。
でも残り数話で身内なんかを改心させてる場合か、
次が最後の事件らしいけどこのペースでまとまるのか、
何よりメガネの復讐は完遂できるのか?
取り調べおばさんを取り調べたら手がかりを得られるのかな、吐けやBBA!

・はたらく細胞 第9話

ホモ回。
こんな連中が体内にいると思いたくない。
いかにも女が好きそうな、そして女の考えそうな話だった。
でもこういう細胞同士の過去エピソード、
外敵と戦いっぱなしで単調すぎた前半に挟めばよかったのに、
どうにも偏ったシリーズ構成が気になるアニメだ。
先にキャラを固めてからって意図もあるんだろうけど、
全体のバランスも忘れん方がいいと思う。

・重神機パンドーラ Mission 22

能登ダンジョンで最終試練。
過去の自分を受け入れよとは何とも古風なお題目、
けど多重次元というSF設定にこれほどマッチした演出もなかろう。
すべての可能性が一つに重なって、一人の人間が完成する…
ある意味中村が邪魔してくれたおかげで答えに辿り着けた、礼を言う。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はたらく細胞 BS11(9/01)#09

第9話 胸腺細胞キラーT細胞は訓練に明け暮れていた。 肉体を鍛えて抗原に負けないように強くなるのが日課。ミリタリーケイデンスを歌う声は大きい。ある日の訓練でヘルパーT細胞に被害が及ぶとキラーT細胞と言い合いになる。本来ならば指示する側とされる側なのに言い合いになるのは不思議。 そこで樹状細胞が見習いキラーT細胞に写真を見せる。キラーT細胞とヘルパーT細胞は胸腺細胞の同期だ...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2018/09/02(日) 21:42:18

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する