FC2ブログ

進撃の巨人 Season3 #48 傍観者 月並み感想

  • 2018/10/08(月) 20:30:10

kyojin3-11.jpg
普通って言うなぁ!

特別な人間になりたい。
そう願うのがすでに凡人である証拠。
出世欲も劣等感由来の後ろ向きな感情、
探索任務に執着するのは新たな発見のためなんかじゃない、
何かすごいことに挑戦する自分に酔いしれていたいから…
夢追い人を気取っている間は矮小な自分を認めずにいられる、
そんな動機で生きてりゃ何の成果も得られないのは残当。
この歳になるまで己の器と向き合えなかった臆病な男の回顧録、
でもこの歳になると彼の心情があまりに分かりすぎて、
責める気にも軽蔑する気にもまるでなれない。
何とも身につまされる話だった、弱さを受け入れるって難しいよな。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

進撃の巨人 第48話 『傍観者』 牧歌的な話から、エレンの両親の馴れ初めまで。

牧場の少女ヒストリア戴冠式から2ヶ月が経過したそうです。前回女王になったヒストリアが牧場娘になっていた。思っていた女王と違う、まるで視聴者の声を代弁するアルミン。通称「牛飼いの女神様」だそうで。でもヒストリアにとっては昔に戻っただけかもしれない。 そのヒストリア、エレンと何だかとってもいい雰囲気。話している内容はまたライナーとベルトルトが来たらとか深刻なんですが、傍目にはお似合いのカップル状...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2018/10/15(月) 23:16:06

進撃の巨人 Season3 NHK総合(10/07)#48

第48話 傍観者ヒストリアは戴冠から2ヶ月、すっかりと牛飼いの女神様と呼ばれていた。孤児たちを集めて牧場で育てる院長が板についてきていた。 地下街の孤児たちを収容して救いの手を差し伸べる、これこそが ヒストリアがやりたかったことだった。 エレンは硬質化の実験を繰り返していた。ウォール・マリアの修復が次の急務、ベルトルト、ライナーとも戦うことになる。アイツラは許せない。&n...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2018/10/09(火) 10:06:17

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

派手な英雄譚よりこういう一般人の知られざる苦悩を描く話が好きです。
少年漫画なのに渋いエピソードを挿んできますね、侮れない。

  • 投稿者: MH
  • 2018/10/09(火) 18:25:58
  • [編集]

貴殿の感想を拝見しますと、特別な人間になりたいと願うのがすでに凡人である証左、からはじまって容赦なく非難をあびせ断罪するのですが、とはいってもそれもこれも愛すべき人間の弱さなんだと恐らくご自身の人生を内省し重ねあわせたのでしょうか、最後はやさしさがにじみでてて救いがあってよかったです。これがこれこそがヒューマニズムなのでしょうね。

  • 投稿者: -
  • 2018/10/09(火) 11:58:26
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する