FC2ブログ

ゴールデンカムイ 第十三話 江渡貝くん 見初め感想

  • 2018/10/09(火) 07:30:33

20181009063641.jpg
縁は異なもの。

お待ちかねの再開。
のっけからまた新たなやべー奴の登場、
話の経緯を説明せずともどういう作品か一発で分かる親切設計。
同時にこういうのを受け付けないお客さんには回れ右で速やかにお帰り願う、
そういう意味でも気の利いた構成であろう。
何もかもがどうかしてるファッションショーだったな…
これはアニメの演出がおかしいんじゃなく原作を忠実に再現した結果だからな、
意気投合した二人がやたら明るいから余計に異様な雰囲気出てるんだよな、
でもこの擬似的な父と息子の関係が、
剥製家族と比べたらまともに見えるから不思議だ。
そんな彼らと同様にアシリパさん一味も、マタギ-占い師-勃起少年ラインも、
それぞれ疑似家族を形成しつつあるのではという話。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴールデンカムイ BS11(10/08)#13新

第十三話 江渡貝くん鶴見中尉は墓場から逃走した人物を探し当てていた。夕張で剥製工房を営む江渡貝だった。彼が盗んだ刺青人皮を手に入れることが目的だった。彼は奈良の出身でより良い剥製を作るために夕張に行き着いた。剥製作りが大好きな職人だった。 彼が落とした手袋は素晴らしいと褒め称えると警戒心を解く。亡くなった母親や墓地の死体から人間の剥製も多数制作していた。亡くなった母親の声を今も聞く...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2018/10/09(火) 23:49:06

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する