FC2ブログ

ゴールデンカムイ 第二十三話 蹂躙 侵攻感想

  • 2018/12/18(火) 07:34:43

20181218062908.jpg
開戦!

軍人対囚人。
これはもう戦争だ。
ここぞとばかりに鶴見中尉が活き活きしておられるけど、
本物の戦争で地獄を見てきた人は戦争に取り憑かれてしまうのか、
終戦なんてもんはたかが国家間の取り決めでしかなくて、
実際ずっと戦場にいた人があっさり回れ右で帰れるはずもない。
あるいはCHINPO先生があと10人いたら日本はもっと楽勝だったんじゃないか、
そもそも従軍してたかどうか知らんけど、
ともかく誰もがこの場を生き延びないことには始まらない…
各勢力の思惑と各人の情念が交錯する監獄で、
その青い瞳だけが闇を照らす道標だ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴールデンカムイ 第23話「蹂躙」

第23話「蹂躙」 鶴見中尉~嬉汁出てますよー!

  • From: いま、お茶いれますね |
  • 2018/12/19(水) 18:26:37

ゴールデンカムイ BS11(12/17)#23

第二十三話 蹂躙 インカラマッは鶴見中尉と通じていた。金塊なんて誰が手にしてもいいじゃありませんか? そう、彼女は愛した男に会えるならそれだけで良かった。第七師団の攻撃から逃れるために地下道へ潜り込む。 第七師団も白石同様、網走監獄の弱点である場所から艦砲射撃を始める。かつてイナゴの大量発生が生じたときも砲弾を撃った過去がある。イナゴを追い払うためが本部への理由だった。本...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2018/12/18(火) 20:31:45

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する