fc2ブログ

03 | 2024/04 | 05

2018年TVアニメOP10選 

さあ振り返ろう。
SHINY DAYS(ゆるキャン△)/亜咲花

op2018-1.jpg

OPでテントが飛ぶアニメは名作。
オサレポップな曲と映像に心弾むが、
オサレすぎてローマ字表記のテロップが読みにくいのはご愛嬌。

ne! ne! ne!(スロウスタート)/STARTails☆

op2018-2.jpg

勇気を出して扉を開けると、そこには新しい友達が待っている。
自信を失くしてた子が満面のドヤ顔、何かもうそれだけで泣けてくる。
次の瞬間巨大ホットケーキに挟まれるとこまで大好き。

Make Debut!(ウマ娘 プリティーダービー)/スペシャルウィーク(和氣あず未)、サイレンススズカ(高野麻里佳)、トウカイテイオー(Machico)、ウオッカ(大橋彩香)、ダイワスカーレット(木村千咲)、ゴールドシップ(上田瞳)、メジロマックイーン(大西沙織)

op2018-3.jpg

次第にテンポを上げていくフィルムの熱量が、
まるでレースの行方を見守っているような気分にさせてくれる。
アイドルっぽさとスポ根らしさを兼ね備えた曲調も素敵、まさに作品の顔。

オトモダチフィルム(多田くんは恋をしない)/オーイシマサヨシ

op2018-4.jpg

オーイシくんは作詞作曲編曲をする。
恋心をストレートに歌い上げてるのがとても爽やかで心地よい。
元ネタ映画へのオマージュ溢れるサビ部分の映像もいいね。

Distance(ヒナまつり)/村川梨衣

op2018-5.jpg

離れた友を思う歌…が転じて新生活の始まりを告げるような。
少し早く社会に出た子供たちの涙と笑顔が眩しい。
何度も見返したが、やっぱりアンズ嬢が一番かわいい。

New Stranger(ハイスコアガール)/sora tob sakana

op2018-6.jpg

タイトルバックでザンギエフがガイルにスクリューを決めてKOするアニメは名作。
その回転力を残したかのように対戦中も回り続ける対面筐体、
しかしやがて隣り合う二人の運命…というザンギ流の小粋な演出に感謝。

徒花ネクロマンシー(ゾンビランドサガ)/フランシュシュ

op2018-7.jpg

勇壮な歌詞と熱いメロディから迸る生命の脈動。
死の不吉なイメージを吹き飛ばすような力強い楽曲に心が滾る。
かっこよさ重点のアイドルソングという意外性も本編の作風には相応しい。

君にふれて(やがて君になる)/安月名莉子

op2018-8.jpg

花の色は移りにけりないたづらに。
決してきれいな思い出ばかりじゃない青春の情景、
昏い情念の見え隠れする危うい関係性が表れていてただ咲き誇るよりも美しい。

FIRE GROUND(火ノ丸相撲)/Official髭男dism

op2018-9.jpg

火傷しそうに熱い男唄。
逆境に立ち向かう者への応援歌でありながら、
結果を出さねば何も変わらぬと手厳しいのがこれまたかっこいい。

UNION(SSSS.GRIDMAN)/OxT

op2018-10.jpg

何者かに侵略されそうな僕らの世界。
肩身の狭いオタクの内心を掬い取りつつ、
誰の胸にも眠っている夢のヒーローを最後に登場させる演出が心憎い。

------------------------------------------------------------

こんなとこかな。
いいのが秋に集中してたんで、残りのシーズンがちょっと割を食った。
今年も豊作、いつも心にアニソンを。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animegane1216.blog.fc2.com/tb.php/7167-315d27e3