FC2ブログ

約束のネバーランド EPISODE.10 130146 窮地感想

  • 2019/03/15(金) 07:06:11

20190315062946.jpg
絶望から這い上がれ。

シリーズ構成的に谷底の部分を配置するなら、
そりゃクライマックス直前が一番だよねという話。
進退窮まるこの状況、そこに幸せだった頃の思い出が追い打ちをかける、
真実を知ってしまったからこんなにも苦しい…
八方手を尽くした末に訪れる子供の限界、無力、徒労感。
なまじ頭がいいばかりに終わりが見えてしまう、
しかしその心はまだ諦めてなどいなかった。
死にたくない、死んでたまるか、何が何でも生きてやる、
それは理屈や感情すら超越する揺るぎない人の意志、生き物としての本能。
殺されるのを待つぐらいなら、戦って死ぬ…いや、戦って勝つ、絶対生き残る。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

約束のネバーランド フジ(3/14)#10

第10話 130146 ノーマンが見た塀の外は崖、そして塀が又に分かれていた。60度の角度で同じ対象な施設があった。 どうやら6角形で施設が区切られて作られている。橋は1箇所だけあり、そこが本部だと思う。それを調べて戻ったノーマンは出荷を阻止する気は無かった。あくまでもギリギリまで調べて、自分が犠牲になって他の全員を逃がすつもりだった。フィルがノーマンを呼びに来る。 風邪...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2019/03/15(金) 22:27:09

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する