FC2ブログ

今日見たアニメ二言三言感想 2019/8/4

  • 2019/08/04(日) 20:30:10

おしながき

・魔法少女まどか☆マギカ 第5話 後悔なんて、あるわけない
・ロード・エルメロイII世の事件簿 -{魔眼蒐集列車} Grace note- 第5話
  最果ての槍と妖精眼
・通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? #4
  子供は子供で、親も親で人間で、色々あるけど何とかするのが親子だろ。
・女子高生の無駄づかい 第4話 まじめ

・魔法少女まどか☆マギカ 第5話

20190804143825.jpg

そうですね…やっぱり僕は、王道を征く、杏さやですか。
誰かのためによかれと思って何かを願うのは結局自己都合、
すでにそれでしくじってる佐倉の言葉には重みと真実味がある。
きれいごとでモチベ維持できるほど魔法少女稼業は甘くない、
永遠に完済しない借金を返し続けてるんだから立派な子よ、
ここまで書いてて風俗嬢の話っぽいなと思った。

・ロード・エルメロイII世の事件簿 -{魔眼蒐集列車} Grace note- 第5話

20190804143956.jpg

解決編。
分かったような分からんような。
とりあえずメガ姉さんが犯人じゃなくてよかった。
最後に派手な立ち回りも用意されてアニメ的な見せ場もバッチリ、
助手子かわいいよ助手子。

・通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? #4

20190804144057.jpg

異世界チートおばさんの言い訳と開き直り。
何で娘が謝る方やねん、アホか。
思い通りに育てられなかったのを子供のせいにする、
理想に届かなかった責任を相手に押しつける、
そんな幼いメンタリティだから産む機械呼ばわりされんのよ。
繁殖力だけ無駄に高い底辺ほど失敗確率は高いに決まってるけど、
根底に抱えた劣等感が祟って遺伝子レベルの負けを認められない、
産むんじゃなかったと悔やむぐらいなら産むなよ、ネズミかよ。

・女子高生の無駄づかい 第4話

muda4.jpg

赤崎は正真正銘完全無欠のアホだが、
高橋李依も真剣な思考の結果愚挙に行き着いてるんよな。
アホガールの委員長と同じタイプのアホ子さん、
でも誤解されるだけで迷惑じゃないのでかわいいよ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第4話 感想

夜の女帝

  • From: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 |
  • 2019/08/06(火) 23:49:12

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? BS11(8/02)#04

第4話 子供は子供で、親も親で人間で、色々あるけどなんとかするのが親子だろ。 夜の女帝はワイズの母親。そこに白瀬が情報提供に現れた。初めは親子が仲直りするためにゲームに参加した。離婚した母親が娘を誘って参加したが喧嘩ばかりで遂には別行動になった。一人になった母は欲望丸出しで趣味に走った。しかも外部からの情報でシステムを改造してチートなスキルを保有している。全ての魔法を記述した魔導書を所有して...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2019/08/04(日) 23:55:38

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

犯人すでに死んでる話多いですね。
魔術絡みの事件っぽくしたい都合かな。

  • 投稿者: MH
  • 2019/08/04(日) 21:55:56
  • [編集]

>分かったような分からんような。

・前回の褐色美女さんが落雷で死にました
・あの工房そのものが人を殺.す凶器でした
・犯人は依頼人のウェルズの父親でした
・彼は死者の魂を集めて人工妖精を作ろうとしました
・しかし、そのせいで本物の妖精を怒らせ殺されていました
・しかし工房は動き続けており、妖精はウェルズに逃げるように訴えていたのでした
・工房が暴走し妖精世界への門が開き、死霊で生み出された怪物の群れがウジャウジャ現れて襲ってきましたがグレイのおあkげで撃破
・ウェルズは自らが妖精の世界へ行く事で門を閉めました
・メガネの化野さんの真の目的は魔眼収集列車の資料で、それを手に入れた彼女の一人勝ちでした

>とりあえずメガ姉さんが犯人じゃなくてよかった。

ぶっちゃけ、彼女は原作の重要キャラなので原作既読者は犯人じゃないと最初から知っていたのでした

  • 投稿者: 通りすがりの幻想殺し
  • 2019/08/04(日) 21:45:59
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する