FC2ブログ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第13話 一年戦争 火蓋感想

  • 2019/08/12(月) 07:26:59

20190812063537.jpg
歴史の転換点。

敵将の逃亡をキャッチアンドリリース。
シャアは何がしたいんや?
全面戦争に決まっとるわ!
無論一将校の一存で戦局が動くはずもないが、
連邦にもジオンにも同じように考えてる奴が多すぎてな。
休戦どころかやり合う気満々の南極で、
レビルの会見が双方に大義名分を与えてしまった…
男と男の約束を反故にされたデギンの怒りたるや。
されど軍属としては自軍に利するのが最優先事項、
私情も義理も忘れざるを得なかったのだろう、
かくして和平が結ばれることなく戦争は続き、
近々実戦投入される連邦の新兵器が財団Bを大勝に導くのだ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 NHK総合(8/11)#13終

最終回 第13話 一年戦争 シャア専用のファルメルが連邦の戦艦と遭遇する。威嚇射撃で停戦させるとシャアがザクで乗り込む。その船にはレビル大将が乗艦していた。全てを察して見逃すシャア。マ・クベがジオンの代表として連邦との休戦交渉に訪れた。彼が求める結果は降伏。南極で連邦とジオンが休戦協定の交渉を行っていた。アムロはガンダムを知りたくで父の職場を訪れるが何も得られない。逆に機密漏洩を恐れて自宅の...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2019/08/12(月) 20:27:16

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する