FC2ブログ

かつて神だった獣たちへ 第8話 眠りの歌姫 躊躇感想

  • 2019/08/21(水) 07:20:14

20190821063922.jpg
僕にその手を汚せというのか。

父は私が看取りました。
引導渡しましたの間違いやろ?
情が移った相手は撃てません。
それはダブスタって言うんやろ?
先週から話が繋がってないどころか逆行してんぞ、
親を手に掛けときながら知り合ったばかりの女を庇うなんて…
まあ撃つべきだったと軍の坊やが軽挙を咎めてるんで、
作品的に彼女の行動を肯定してるわけではなさそうだが。
これまで身内を狩り続けてきた小西隊長の心痛を、
加隈氏に追体験させるための試練なのだろうけど、
やはり前回と今回でちぐはぐ感は否めない。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かつて神だった獣たちへ BS11(8/19)#08

第8話 眠りの歌姫 擬神兵の殲滅には半年を要すると報告されるが大統領は 3ヶ月で終わらせろと命じる。擬神兵討伐隊のクロードは大統領の実の息子。遠征に向けて補給を待っていた。ライザの買い出しを手伝うシャール、実は力自慢。買い出しの帰りに港で歌が聞こえてきた。誰が歌っているのか気になって調べると擬神兵を発見する。彼女を守るバーのオーナーのチャールズ。セイレーンの擬神兵ベアトリスはチャールズのステ...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2019/08/21(水) 08:26:16

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する