FC2ブログ

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第20話 ラファエロ砂漠へ 出発感想

  • 2019/08/22(木) 07:25:10

20190822064300.jpg
そろそろ行こか。

嫁がアレなことに。
まれいたそを長らく放置した天罰覿面。
一応何の目的でこっちに来たかはまだ覚えてるみたいだが、
果たして何年待たせてるかはもう数えてないみたいだもんなぁ。
所帯持ちは自由に動きづらかろうということで、
その枷が取っ払われてやっとこさ行動開始、
砂漠越え中に美女が全裸でお出迎えとは二重の意味でオアシスですな…
謎の光も届かないしここに新居を構えるか?
うっかりゴールした帝都で北斗展開が待っていたという話、
一般人がウイグル獄長をどうやって倒すんだよ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第20話 感想

処女の恨みは大きい。

  • From: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 |
  • 2019/08/25(日) 21:32:20

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO TokyoMX(8/21)#20

第20話 ラファエロ砂漠へ 帝都の兵士に巫女のケアレスであることがバレてしまったセーレス。タクヤを逃がそうと声を発する、愛する男のために巫女を捨てたと理解される。タクヤが怒って切り抱えるが1人を倒したが逆に捕まってしまう。セーレスが隙きをついて兵士の剣で自らの命を絶ってしまう。彼女の意思は娘のユーノの肉体に宿る。リフレクターデバイスも神機なので奪われる。セーレスの遺体を帝国に持ち帰る兵士。神...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2019/08/22(木) 22:48:58

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

アニメの展開だと辻褄合ってないですよね。
内田真礼のあれこれとも重なって、改悪と言わざるを得ない。

  • 投稿者: MH
  • 2019/08/22(木) 21:10:38
  • [編集]

原作だと、普通に手に入れた平穏が最悪な形でぶっ壊されたという残酷で理不尽な展開だったのに、他のヒロインを待たせていたというアニオリのせいで、この有様です

  • 投稿者: 通りすがりの幻想殺し
  • 2019/08/22(木) 19:48:00
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する