FC2ブログ

かつて神だった獣たちへ 第9話 冥府の番犬 中立感想

  • 2019/08/28(水) 07:16:37

20190828063636.jpg
見極める仕事。

よく聞くと加隈氏の言動は矛盾してるわけでもないのか?
人と触れ合い理性を保っている分には手を出さない、
手遅れになった場合のみこちらが介錯してやる、
父親を撃ってセイレーンを撃たなかった理由はこれか。
決して個人の感覚で選り好みしてるわけではない、
必ずしも生かす方に傾いてるわけではない、
野放しにはできないけど問答無用に狩るのもいかがなものかと、
これまでの話を総合すればそれが彼女の考えということかな。
処刑ツアーに同行して監視するなんて一見意味不明だった提案も、
今にして思えば新しい道のスタート地点だったのかもしれない。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かつて神だった獣たちへ BS11(8/26)#09

第9話 冥府の番犬 山中を歩くハンク、前回の変身後の暴走を恐れていた。手にかけた部下たちからの恨みを考えてしまう。ハンクを付け狙うロイ、ケインの勧めに従って擬神兵としての生き方に自信を深めていた。ハンクとは擬神兵として戦いたい。しかし変身しないハンクをいたぶって変身を待つ。変身できないハンクは弱い、それでも目眩ましで逃走する。ガルムの嗅覚でハンクの居場所は分かる。神殺しの弾丸を発射するが腕で...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2019/08/28(水) 08:02:31

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する