FC2ブログ

戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE10 卑しき錆色に非ず 三下感想

  • 2019/09/08(日) 20:00:10

20190908130823.jpg
格の違いを見せてやる。

今度は393に傅く怪物三人組。
もう人の身には戻れないらしいんで遠慮なく始末できるな。
こいつらだけは全然助けたいと思えんわ、
これまでの敵と比べてあまりに根性がひん曲がってる、
居場所欲しさにとうとう人の心まで捨て去ったか…
みっともない弱者の開き直りに同情の余地はないぜ。
思い返せばFIS組も同じように世界から孤立しながら、
それでも逆恨みで世界を呪ったりはしなかった、
願望ではなく信念を胸に戦う気高さがあった。
そんなきりしらコンビがこんな奴らに不覚を取る道理なし、
ワープのせいで倒しそこねたけど次は必ず引導を渡してやんよ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦姫絶唱シンフォギアXV BS11(9/07)#10

EPISODE. 10 卑しき錆色にあらず 風鳴本家で爆発、シェム・ハの力を神獣鏡のファーストローブに固定した神が出現。風鳴訃堂の目論見は完全に失敗した。護国の神を制御することは敵わない。道具が用いる不完全な言語では全てを伝えきれない。それこそがバラルの呪詛、道具風情が神を使役することは違わぬ。マリアが交戦して撤退の時間を稼ぐ。マリア使用するギア、アガートラームを知っているシェム・ハ、面白い...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2019/09/09(月) 14:31:19

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する