FC2ブログ

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第11話 男女交際禁止令 追放感想

  • 2019/09/14(土) 07:22:24

20190914064533.jpg
排除の論理。

部長退学。
正義は勝つ!
学校側は勇気ある判断を下されましたな、
メガネじゃなくなった罪の重さを知らしめるための強硬手段。
実際は何の疑惑だろうがこの際関係ないんだよ、
それに抗議する文芸部員もまとめて処分してやろうか、
権力に歯向かえばどうなるか教えるいい機会だ…
というよりこの展開に持ち込むための横暴でっしゃろ、
大人や社会の作った規範に反抗すんの好きやもんなマリー先生。
このままこいつらの要求が通るようなら呆れるわ、
あんまり子供を甘やかすものではないよ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第11話 『男女交際禁止令』

純潔を蚊が下ていた文芸部に魔の手が襲い掛かる。 曾根崎り香の矛先はミロ先生とホテルに行った 本郷ひと葉へ向けられる。 まあ、こっちの方が学校にばれると 問題ですよね。 菅原新菜は、まだ恋愛自爆テロ攻撃が したいみたいですね。 しかし、典元泉は相手にせず。 なので、三枝久の泊まるホテルへ。 そっか。そっか。 腹いせに三枝久を指定したのね。 でも三枝久にグーパンチをした...

  • From: 奥深くの密林 |
  • 2019/09/17(火) 04:56:29

荒ぶる季節の乙女どもよ TBS(9/13)#11

第11話 男女交際禁止令 十条の退学には不満だった曽根崎部長。彼女は立派に母になろうとしていた。責められるべきは隠さなければならない関係。本郷とミロ先生の行為を暗に仄めかす。ハッキリ言わない部長を追求する本郷だが帰っていく。二人共に高校生は無理だよ、どちらかが働いていないと。百々子は菅原氏との一件を気にしていた。女性同士では、えすいばつ出来ないことを和紗に確認する。菅原氏には気をつけたほうが...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2019/09/16(月) 07:08:47

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する