FC2ブログ

ロード・エルメロイII世の事件簿 -{魔眼蒐集列車} Grace note- 第13話 時計塔と日常と未来への第一歩 自立感想

  • 2019/10/02(水) 07:00:10

elmelloi1.jpg
レールを降りて。

皆口メガネおばさんのトンデモ推理は本気じゃなかったらしい。
謙遜してたけど事件解決のために道化を演じてくれたんだよな、
稀代のエンターテイナーにして真実の探求者…
列車編を引っ掻き回してくれてありがとう、
友人メガネおばさんの命に報いてくれてありがとう。
基本的に美女だが作画によってはかわいくも見えたり、
振り返ってみれば今期最強クラスのメガネだったな、
ウェイバー君が辞退するなら代わりに聖杯戦争出たってもよかったな。
まあそれが叶わぬことは後の物語に綴られている、
見果てぬ夢に人生を費やすより新たな夢を見つけて人生を楽しめ…
何だかんだちゃんとシリーズのテーマに帰着しよった、お見事、了。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace Note- BS11(9/28)#13終

最終回 第13話 時計塔と日常と未来への第一歩 カラボー神父に助けられてグレイトエルメロイ二世は無事だった。入院中の二人を見舞う生徒たち。事件は使徒どうしの内紛として処理された。法政科も現代魔術科もお咎めなし。カウルスの姉は優秀な魔術師だった。イヴェットは法政科に拘束されていたが司法取引で無事に釈放。化野と会う、7年前のことは不問になりました。聖堂協会も穿り返されたくはないらしい。推理の穴を...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2019/10/03(木) 16:52:53

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する