FC2ブログ

ぎんぎつね 第3話 神様のいる所 寿命感想

  • 2013/10/22(火) 17:39:56

20131022170342.jpg
心はずっと、離れまい。

20131022170111.jpg
歴史に思いを馳せるメガネ。
20131022170135.jpg
エア巨乳かな?
20131022170208.jpg
ぎゃー!
20131022170238.jpg
デート、しよう(直球)

亀のお世話(意味深)
なんかいやらしいなオイ///
それはさておき、万年でおまんねん。
相対的にほんのわずかな時間でしかない人の一生も儚いけど、
神使たちのあまりに長すぎる命もそれはそれで寂しいもんだという話。
人が死ぬ時は人に忘れられた時だという、ワンピースの名台詞を思い出した。
何を残すかってことは、誰かとどれだけ深く関わり合うかってことなのかもしれない。
共に過ごした年月と、心に刻んだ思い出は、決して輝きを失わない、永遠の宝物。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」

銀太郎が最後にボヤいていた 「あぁ〜、デートぉ、面倒くせぇ〜い」 ・・・って、他の神使からするとリア充が何ゼータクぬかしてやがるとか言いそう(笑)。今話は神使側のエピソードでしたけど、神使も居場所から離れると霊力減少で衰弱や消滅もありえる設定になってるんですね。道路開発で池と祠を破壊されて放浪していた亀の神使は祟ってやりたくとも力不足だし面倒だと愚痴ってましたけど、もし強い霊力持ちだったら税...

  • From: ボヘミアンな京都住まい |
  • 2013/10/23(水) 22:11:39

ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」

「神使と普通の亀の区別もつかねぇとは 情けねぇ」 神社の近くで亀の神使を見つけたまこと 新しい住処として松梅大社へ銀太郎と一緒に連れて行く事に     【第3話 あらすじ】 ある日、まことは冴木神社の近くで見つけた亀を神使とわからずに神社の中まで運んできてしまう。翌日、住まいを失った亀の神使が住めるよう、近くの松梅大社にお願いしにまことは銀太郎を伴って出かけるが、そこにいたのは...

  • From: WONDER TIME |
  • 2013/10/22(火) 21:46:37

ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」

ぎんぎつねの第3話を見ました。 第3話 神様のいる所 「銀、銀太郎!ほら、亀!」 ある日、まことは冴木神社の近くで見つけた亀を神使と分からずに動かないからと神社の中まで運んできてしまう。 「バカ、そいつは神使だ」 祠が寂れたばかりか道路開発で住まいを失った亀の神使が住めるよう、近くの松梅大社にお願いしにまことは銀太郎を伴って出かける。 そして、狛犬の神使・歌丸と才...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2013/10/22(火) 21:04:30

ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」

まことが、祠を無くした亀の神使を拾い。 近くの松梅大社に連れて行くことになる…。 松梅大社の狛犬たちに、神使たちと人の時間の流れが違うことを聞かされる…。 悠久を生きる神使と寿命ある人との違いについてのお話。 寂しい話ですね…  

  • From: 空 と 夏 の 間 ... |
  • 2013/10/22(火) 19:02:04

ぎんぎつね  ~ 第3話 神様のいる所

ぎんぎつね 第1話  ~ 第3話 神様のいる所 とある町の小さな稲荷神社を舞台に、神社の十五代目跡取・冴木まことと、神使(しんし)の狐・銀太郎の2人が中心となって、神社や神々にまつわる存在を中心とした日常 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2013/10/22(火) 18:36:45

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する