FC2ブログ

放課後さいころ倶楽部 第三話 ひとりとちゃうから 度胸感想

  • 2019/10/17(木) 07:00:56

20191017062710.jpg
運命の人。

ニューカマー。
ヤンキー女。
よし、通れ。
そんなわけで友達の姉ちゃんの友達、
源柳斉マキ先輩が水に沈められてゲームオーバー…じゃなく、
過去に助けてくれた恩人だったという話。
暗い思い出を友情と勇気で払拭する、
そのきっかけを作ってもらえたんだからまた助けられたんよな、
こういう役回りの大人ってかっこいいよな…
勝負を挑まれたからこそ呼び込めた逆転のデスティニードロー、
ゲーム内容に則した心情の変化が今回も丁寧に綴られていた。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

放課後さいころ倶楽部 BS11(10/17)#03

第3話 ひとりとちゃうから 幼い頃。美姫はよく虐められた。だから他人を傷つけるなら一人が良いと考えていた。神社の境内に眠っている?女性を発見。声を掛けると軒下に飼い猫が逃げ込んで出てこないらしい。そこで猫じゃらしを使って外へおびき出す。私と同じで怖がっているだけ。獣医に行く途中だったらしい。人見知りの激しい猫で妹にも懐かない。その猫のさくらが美姫には懐いてしまう。あなたは猫マスターね。お互い...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2019/10/19(土) 05:50:50

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する