フリージング ヴァイブレーション 第3話 Mark Ⅳ 悲痛感想

  • 2013/10/25(金) 16:55:34

fr11.png
乳ライザー先輩!

fr13.png
おこライザー先輩!
fr12.png
真面目っぽい子のこういう姿はたまらんね。
fr14.png
おお…もう…
fr15.png
やめてくれよ…(絶望)

死を恐れる権利すらない、か。
重すぎィ!
まあ、こうなることは火を見るより明らかだった。
もしかしたら、本人も薄々勘づいていたのかもしれない。
それでも未来のため、仲間のため、わずかな可能性を信じて、進むしかなかった。
やりきれねえ…救いはないんですか!?
たとえ自ら志願したのだとしても、この結果を自業自得だなんて、誰にも言わせん。

プロパガンダ目的で消耗品のように扱われる命。
それとも知らずに死と隣合わせの日々を送る少女たち。
この残酷な世界は、悲しいかな現実である。
そんな環境の中にあって、彼女たちはしかし、力強く咲いている。
願わくばその人生に、一筋の穏やかな光が届かんことを。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリージング ヴァイヴレーション ~ 第3話 Mark IV

フリージング ヴァイヴレーション 第1話 ~ 第3話 Mark IV 人類を滅亡に追いやる異次元体『ノヴァ』との戦いで姉を失った少年カズヤは、ある学園に編入生としてやってきた。そこは、ノヴァに対抗できる力を持つ、女子生徒しかなれない戦士【パンドラ】、そしてパンドラを補佐し無二のパートナーとなる男子生徒【リミッター】を育成する『ゼネティックス』という学園だった。 その学園もまた、ノヴァ...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2013/10/25(金) 18:19:00

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する