FC2ブログ

イエスタデイをうたって scene08 イノセント・ブルー 駆け引き感想

  • 2020/05/29(金) 07:00:10

yesterday12.jpg
阿吽の呼吸。

寸止め空手は当たるより痛い。
このシーンは板垣恵介作画で見たかった…わけでもないが、
こっちから誘っておきながらドアも股も開くことのなかった女の話。
まあ先生としてはそこを強引にでも突破してほしかった、
迎え入れるより踏み込まれたい気持ちがあったのだろう。
なのにそこでおとなしく引き下がってしまったらな、
この場合はどちらにも非があったと思う。
玄関先で拒む女がいれば、玄関先で待つ女もいて、
甘露の日和どころか遠回しに死刑宣告を受けたんだが、
最初からこんな形の恋だと分かっていてもつらいもんはつらいなぁ。
半周遅れのはずが見えない距離まで、もう楽しく走れない。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イエスタディをうたって 第8話 『イノセント・ブルー』

魚住陸生を家に誘った森ノ目榀子。 扉の前まで来て 「ごめん。やっぱり、ごめん。」 とは、酷いですね。 最初から、誘わなければよかったのに。 森ノ目榀子と魚住陸生は、それぞれの知り合いに この出来事を打ち明けますが ありえないと飽きられてしまいます。 まあ、当然ですよね。 森ノ目榀子は杜田先生に 「付き合っちゃえば、いいのに。」 と言われるが、森ノ目榀子は極められない女で...

  • From: 奥深くの密林 |
  • 2020/05/29(金) 08:57:37

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する