FC2ブログ

年末埋め草企画 同人誌に寄稿したやつのお蔵出し パート2

  • 2020/12/29(火) 21:00:10

おしながき

・ちおちゃんの通学路
・ハイスコアガール
・はたらく細胞
・ハッピーシュガーライフ
・はるかなレシーブ
・百錬の覇王と聖約の戦乙女
・プラネット・ウィズ
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・One Room セカンドシーズン
・BANANA FISH

ちおちゃんの通学路 7

kuradashi2-1.jpg

メガネ、パンツ、微レズとこちらの好みに合わせてくれた感じの登下校コメディ。しかしネタの当たり外れが大きかったり、つまらないネタに限ってしつこかったり、あえて縛りをきつくした舞台設定にやはり無理があったのか、残念ながら中盤以降の右肩下がり感は否めなかった。

ハイスコアガール 10

kuradashi2-2.jpg

90年代のアーケードシーン、対戦格闘ゲームの爆発的ブーム、当時の熱狂を体験した者にとって宝石のような思い出に浸らせてくれる名作。不器用に手探りで繋がっていく三人の青春模様も非常に切なく甘酸っぱく、当然最後は日高さんが勝つに決まってる二期がとても楽しみだ。ちなみに立ちスクリュー入力のコツはレバー下半回転+最後に上をちょこんと入れてパンチボタンだ。

はたらく細胞 6

kuradashi2-3.jpg

言わんとすることも分かるんだが、毎回同じような展開の繰り返しですぐ飽きた、もうちょい話にバリエーションを持たせてほしかった。シリーズ後半に入ると外敵との戦いばかりじゃなくなってきたけど、だったら何で序盤からこういうエピソードも織り交ぜなかったのか、全体のバランスを考えた構成にすればもっと評価は上がっていたかもしれない。

ハッピーシュガーライフ 5

kuradashi2-4.jpg

育ちが悪ければ違法行為も何となく許されますか?子供じみた動機から誘拐に殺人とやりたい放題、中二病犯罪者の身勝手な理屈による自己正当化、ファッションキチガイがいかに醜悪で滑稽で迷惑かよく分かるサイコホラー風ブラックコメディ。散々やらかしといて最後は飛び降りってな、無責任もいい加減にしときなさいよ。

はるかなレシーブ 8

kuradashi2-5.jpg

競技観戦の名目で合法的に半裸の女体を眺めさせてもらうやつ。みんな水着でみんなレズ、高値安定作画も手伝って褒めるとこしか見つからない、乳尻太もも腋を夢中で追ってたらいつの間にか過ぎてる驚嘆超速の30分。初心者が全国レベルの猛者を相手に善戦したりと話の上で引っかかる部分もあるにはあったが、そんなことよりおっぱいおっぱい。

百錬の覇王と聖約の戦乙女 3

kuradashi2-6.jpg

ウィキ無双とかいう世も末な思いつき、それが商業ベースに乗ってアニメ化までされる業界の窮状。凡人にイキらせるべく周囲の文明レベルを下げるという驚異的な志の低さ、相対的に敵陣営がかっこよく見えてくる珍妙な逆転現象、例によって魅力の欠片もない主人公に群がってくる幽鬼のごときカキタレ軍団…とまあ救えない駄作であるがニコニコでこき下ろしながら視聴する分には結構楽しかった。

プラネット・ウィズ 8

kuradashi2-7.jpg

女性陣のメガネ率が異様に高いことで名を馳せる良質SF。各勢力の思惑が複雑に絡み合い終盤まで二転三転する展開には胸躍ったが、結構な数の登場人物ほぼ全員にバックストーリーを与えるなど制作の肩に力が入りすぎたのか、作品総体としての印象がやや散漫になってしまったのは惜しまれるところ。まあそれでも最後はすごくきれいにまとまったし、概ね満足。

ゆらぎ荘の幽奈さん 8

kuradashi2-8.jpg

一昔前の作風がおっさんの胃に優しい、王道を征くハーレムエロコメ。地上波にしては消しも薄くて攻めの姿勢が感じられた、あの手この手で女子を辱めんとするジーベックの並々ならぬ意欲が映像から伝わってきた。近年では珍しく男らしい主人公の造形も複数の異性から好意を寄せられるに相応しいかっこよさ、総じて原作ファンも大満足のアニメに仕上がっていたと思う。

One Room セカンドシーズン 7

kuradashi2-9.jpg

視聴から体験へと楽しみ方を変えたアニメ、VRイチャイチャの続編をやってみた。前作から続投のヒロインは三人中一人だけと半端な交代制ながら、新旧共にかわいかったりエロかったり程よく甘々で刺激的な関係を味わえた。サードシーズンがあればメガネ枠入れてください、何でもしますから。

BANANA FISH 7

kuradashi2-10.jpg

どいつもこいつもホモホモホモ!渡る世間はホモばかり、人を見たらホモと思え、渡米したらホモの国だった件、ホモウィルスに汚染されたステイツを駆け回り必死で命と尻を守り抜くサバイバルホモサスペンス。メインからモブに至るまでとにかく登場人物のホモ率が異常なほど高すぎて話に集中できず、しかも途中から同じような展開の繰り返しでだるかったけど結末はそれなりに美しかったと思う。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する