FC2ブログ

年末埋め草企画 同人誌に寄稿したやつのお蔵出し パート4

  • 2020/12/30(水) 21:00:10

おしながき

・DOUBLE DECKER! ダグ&キリル
・ひもてはうす
・やがて君になる
・ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士
・RELEASE THE SPYCE
・ピアノの森【2期】
・キャプテン翼
・風が強く吹いている
・逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~ Season2
・とある魔術の禁書目録III

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 7

kuradashi4-1.jpg

タイバニほどは売れなかったし話題にもならなかったやつ。でも刑事ドラマとしての基本を外さずにしっかり中身は作り込まれてたし、打ち切り最終回だろうとこれまでに張った伏線を何一つ放置せず強引に回収した、大人の事情で不本意な結末を迎えてもその中で最善を尽くすプロの仕事を見せてもらった。

ひもてはうす 5

kuradashi4-2.jpg

石舘光太郎の代わり映えしないやつ。ジャンルを開拓した功績はあると思うけど、本人はそれの繰り返しで他の誰も追従しなくて、そんな発展性のない企画は先細っていくだけかと思いきや存外しぶとく続いてる業界七不思議。まあ一定の需要はあるってことですかね、かく言う自分も始まったらチェックしてるし、それと水原薫生存確認用アニメとしての存在意義は大きいか。

やがて君になる 9

kuradashi4-3.jpg

面倒な時期の面倒な感情を真正面から描いた青春アニメの金字塔。脚本演出作画芝居と作品を構成するあらゆる要素において緻密で繊細な仕事が光る、いつ壊れてもおかしくない関係性の駆け引きはまるで爆弾処理のような緊張感。恋と呼べばそれで終わりの危うい二人を見ているだけで冷や汗が伝う、そんな綱渡り感覚がたまらなく刺激的だった。

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 6

kuradashi4-4.jpg

史実織り交ぜたはずの物語が最後はなぜか子安大魔王と戦ってたやつ。ヴェーゼで強くなったり兜を装備したら巨乳になったり本筋以外もIQの低い要素だらけで、そういうもんと割り切ればそれなりに面白かったと思わなくもない。それにしてもこの題材で火炙りの話をカットするなんて思い切ったな、その代わりが豊胸兜ってやっぱり頭おかしいな。

RELEASE THE SPYCE 5

kuradashi4-5.jpg

発育のよろしいJKを何人か集めてコスプレ忍者ごっこ。この子らがいつ怖い目や痛い目やエロい目に遭うのかだけを心待ちにしてたら、誰一人怖い目にも痛い目にもエロい目にも遭わないまま終わったもんだから盛大にずっこけた。内通者の話も引っ張るだけ引っ張って何のわだかまりも残さずあっさり解決するし、完走して騙された気持ちにしかならなかった。

ピアノの森【2期】 5

kuradashi4-6.jpg

演奏シーンが始まると急に画面が止まるやつ。動いたら負けかなと思ってる、開き直ったとしか思えない見せ場の紙芝居、コンティニュイティって何だっけ?とアニメの定義について考えさせられる超低予算アニメ。貧相な映像とは裏腹に芸術系コンペの忖度ジャッジを糾弾する本筋はとても興味深い内容で、ライバルや師弟の人間関係を巡るドラマも見応えあった。

キャプテン翼 8

kuradashi4-7.jpg

当たったら割とマジで死にそうな必殺シュートを小学生の頃からバンバン打ちまくるやつ。昔見て最高に面白かった作品は今見てもやっぱり最高に面白かった、下手な調整を加えずオリジナルの魅力を忠実に再現してくれた制作の英断には感謝しかない。毎試合ゴールを割られまくる名ザルキーパー森崎の勇姿を平成の終わりにまた拝めるなんて、まったく長生きはするものだ。

風が強く吹いている 8

kuradashi4-8.jpg

合理性に偏る運動部強豪校の体質をブラック企業になぞらえるのはさもありなん。でも実際その指導方針で結果を出してるわけだしそれ以外の方法じゃ勝てないんだから、退職してベンチャー立ち上げた連中を正義と持て囃すような論調には少々疑問が残った。ただズブの素人が遥か高みを目指し成長していくスポ根ドラマとしては申し分ない完成度、IGの作画もただただ素晴らしかった。

逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~ Season2 8

kuradashi4-9.png

最後は法廷で悪霊を祓うやつ。そこだけ聞くと無茶な話のように思えるが筋はしっかり通っている、無関係に見えた他の事件とも見事に繋がってプロットの仕上がりに驚かされる。原作ゲームは未プレイだが凝ったシナリオを週アニメとして上手く再構成できてたと思う、でも某虎徹おじさんにしか見えない平田広明を出したのはそれこそ訴えられても知らんよ?

とある魔術の禁書目録III 4

kuradashi4-10.jpg

2クール費やしてもこの世界で何が起こってるのか把握できないまま終わってしまった。この内容量がこの尺でまとまるとでも思ったのか最初からまとめるつもりがなかったのか、ダイジェストに次ぐダイジェスト展開で三度目のアニメ化に際しおよそ最悪のシリーズ構成。まあそこらへんを改善したところで劇的に面白くなるとも思えんけどね、肝心の中身が相も変わらぬそげぶ劇場ではね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

当時のアニオタが可処分所得を増やす頃合いなので、
露骨に中年層の財布を狙ってる感はありますね。
ブギーポップは原作が週アニメに不向きすぎるんで、
ほぼアニオリだった旧作の方針もまちがってなかったと再認識。

  • 投稿者: MH
  • 2020/12/31(木) 14:09:24
  • [編集]

そういえば最近は当時好きだった作品の再アニメ化や新アニメ化が目につく年齢になってきたなと思うこの頃

特にこの時代にブギーポップ見れたのは良かった
まぁ1〜3話は色々とかなりダメだったけど元からアニメ化に向かない部分だし大幅カットも仕方ないね

  • 投稿者: -
  • 2020/12/31(木) 12:49:40
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する