FC2ブログ

年末埋め草企画 同人誌に寄稿したやつのお蔵出し パート5

  • 2020/12/31(木) 21:00:00

おしながき

・HUGっと!プリキュア
・火ノ丸相撲
・上野さんは不器用
・かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
・賭ケグルイ××
・グリムノーツ The Animation
・荒野のコトブキ飛行隊
・五等分の花嫁
・サークレット・プリンセス
・デート・ア・ライブIII

HUGっと!プリキュア 7

kuradashi5-1.jpg

応援、育児、労働、ジェンダー、加えてシリーズ15周年記念ということで過去作とのコラボ、偉いさんが入れろと指示した具材を全部鍋にぶち込んだ結果がこの誰得社会派女児アニメ。ただでさえ個別の掘り下げが浅くなりがちな五人制キュアでよくもまあこんな愚行、ごく一部のつまらん客に媚びたら旧来のファンにそっぽ向かれて当たり前だよなぁ?ラストはそれなりに美しく収まったと思うけど、好きな作品を踏み躙られた気分。

火ノ丸相撲 7

kuradashi5-2.jpg

土俵に上がって取組が始まると急に中割が消えるやつ。常に瀕死のゴンゾちゃんが動きの激しい格闘技をまともに描けると思うなよ、完全に静止するピアノの森と違ってここ一番の勝負ではまあまあの動きを見せてくれるものの、この題材で基本紙芝居というのはさすがに見ていてしんどいものがあった。予算を引っ張ってくるのが難しいジャンルなのは分かるが、熱い物語に冷や水を浴びせられた。

上野さんは不器用 7

kuradashi5-3.jpg

回りくどいアプローチは相手に気付かれなくても仕方ない。あの手この手の作戦がことごとく裏目に出たり自滅で幕を閉じるインガオホー、好きな男子を振り向かせたいなら発明品に頼るより素直になるべしというだけの話。ただそんな空回りの報いで辱めを受ける部長さんはなかなかにかわいらしいので、我々はただその様子を眺めていればよかろうなのだ。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 10

kuradashi5-4.jpg

傍目には両想いが見えてるので、実質的には手の込んだノロケでしかないんだが、奥手な二人が精一杯無駄に知恵を絞って優位に立とうと奮闘する様子は何とも微笑ましく、お互いどれだけ好きなのか相手に伝えるまでもなくこちらに伝わってくるのが心地よかった。そしてラブコメに華を添えるどころかメインを喰らわんばかりに暴れ回る、藤原書記の圧倒的存在感が何かもうめっちゃすごかった。

賭ケグルイ×× 7

kuradashi5-5.jpg

二期の何が物足りないって、ミケこと早乙女芽亜里が妙に落ち着いてしまったところ。初期の小物ムーブがかわいかったのに、今や風格すら漂わせる有様で誰やお前状態。話はあまり進まなかったし、最終戦は愚にもつかないアニオリキャラとの小競り合いだし、各エピソードはちゃんと面白いんだが全体としての印象は一期に劣るかな。思い返せば一戦目で竹達を泣かしたとこがピークだったよ。

グリムノーツ The Animation 6

kuradashi5-6.jpg

既存の物語を改変されないよう守るやつ、同じ設定の漫画をどっかで見たことあるやつ。たとえ悲劇だろうと否定してはいけない、望まぬ結末だろうと曲げてはいけない、一度世に出た作品への敬意に満ちたストイックなコンセプトは誠に立派だが、それでもあまりに酷すぎる竹達OPだけは差し替えるべきだったと思う。

荒野のコトブキ飛行隊 4

kuradashi5-7.jpg

どんなに迫力の空戦映像を作り上げようとも、どんなに奥深い世界観を構築しようとも、キャラに魅力が備わらなければ他の全部が無駄になることを証明した失敗作。もうとにかくイキリクソ女軍団のイキリクソムーブが心底不快、メインライターおばさんの鬱憤晴らしに作品が使い捨てられたみたいで最悪だった。水島努の神通力もそろそろ尽きる頃合いか。

五等分の花嫁 5

kuradashi5-8.jpg

不安定作画ばかり非難の的になりがちだが、それ以外も赤点だらけの落第アニメ。特に音響演出を任されたのが素人なのかと疑うほど致命的にセンスなくて、どんな雰囲気のラストにも一様に脳天気なBGMを被せていく違和感たるや、こういうケアレスミスの積み重ねが劣等生を作り上げるのだとメタ的に納得させられた。

サークレット・プリンセス 5

kuradashi5-9.jpg

一昔前のエロゲからエロだけ抜いたような、まあ要はセールスポイントのない駄作。競技の面白さがまったく伝わってこない大味もっさりバトル、展開の都合上味方がわざと負けるという気分悪いアイデアを多用する無能ライター、武器の進化がどうたらこうたらで終盤はちょっと盛り上がったけど結局はB級の域を出ず。

デート・ア・ライブIII 5

kuradashi5-10.jpg

まだ終わってなかったことに驚きを隠せないが、そのおかげで野水伊織の生存を確認できた。背負った過去がキャラの根幹みたいなヒロインの一人と交戦するのを回避すべく、過去に飛んで事象の改変を試みるなどというイケてないストーリーには閉口した、設定をなかったことにしてはいけないって学校で習わなかったか?最終回のおまけおふざけエピソードが一番面白かった。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

今はアニメ作れてるだけでも奇跡みたいな状態ですからね。
火ノ丸相撲は本当に熱い漫画なんですが、
ゴンゾちゃんに当たったのが運の尽き。

  • 投稿者: MH
  • 2021/01/01(金) 09:18:51
  • [編集]

全盛期のゴンゾちゃんなら作画は安定しなくてもうごかねぇ…って事はまずまずなかったんだけどねー
死体だからねー

  • 投稿者: -
  • 2021/01/01(金) 02:39:51
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する