FC2ブログ

バック・アロウ BACK 04 天才は忘れた頃にやってくるのか? 飛び入り感想

  • 2021/02/01(月) 07:00:10

20210131181110.jpg
呉越同舟。

かませ四天王を四身の拳で返り討ち。
後出しジャンケンみたいな戦い方だが、
相手の信念を理解した上でそれに勝てる能力を繰り出す、
ディベートを模したと思しきバトルパートが面白い。
でもまさかここで杉田がこっち側に付くとはな、
これっぽっちも信用ならんにせよ軍師の加入は頼もしい、
立場や思想が違ったって過去の遺恨があったって、
互いに利用し合えば世の中上手く回るんだから何の問題もない。
みんなが同じように考える社会なんて気持ち悪いだけ、
異なる考えを認めない社会なんてろくなもんじゃない、
一隻の船に十人十色の主義主張を乗せて旅は続く。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バック・アロウ BS11(1/29)#04

第4話 天才は忘れた頃にやってくるのか? カイとシュウは租税の代わりにレッカ剴帝国に売り渡された奴隷だった。しかし彼らはチャンスだと帝国をのし上がることを決意した幼少期。いずれは帝国を支配する。そんな野望を持つ2人、今回はシュウが城艦を取締に出かける。カイは帝国の切り札、最後に出撃すべき。レッカ剴帝国とリュート卿和国の中立地帯の駐屯地を襲う4体のブライハイト。彼らは四界鬼隊と名乗る傭兵集団、...

  • From: ぬるーくまったりと 3rd |
  • 2021/02/02(火) 16:28:10

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

トリガーじゃない方のグレンラガンですね。
大元を辿れば富野アニメですが。

  • 投稿者: MH
  • 2021/02/01(月) 12:26:39
  • [編集]

杉田がこっちサイドって、これやっぱりグレンラガン風ですよね😅あっちも螺旋王やらヴィラルやらが大グレン団に来たけど、それは話の後半やったしなぁ💦ただ、こんな早いうちにってことはまだまだ紆余曲折あるんでしょうね😓

  • 投稿者: ムサトシ
  • 2021/02/01(月) 12:15:16
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する